アフリカの大地をイメージしたアロマブレンド〜15年前の思い出〜

アフリカの大地をイメージして作ったブレンド

グレープフルーツ
タンジェリン
ゼラニウム
メラルーカ
ピンクペッパー
カルダモン
ミルラ
ベチパー

さて、トップノート 柑橘

ベースノート ミルラ・ベチパー

あとは、ミドルノート
58462899_2195276953901214_868546037696954368_n
58761486_2195276917234551_6037274767361310720_n

 

 

 

 

 

 

ベースノートが多めに入っています。

フランキンセンスは入れていないところが

今回のポイントかな。土着というか、スパイス系というか

色なら、オレンジ・イエロー・ピンク・グリーン・ブラウン

そんな色が混ざった、とにかく 土 の中で生き切る人

そんなイメージ

このブレンドにはこんな思い出があります。

20代後半、意を決して
ロンドン近郊に語学研修10か月。

全く予想してなかったことのオンパレード

まずは、しょっぱな
入国審査の時、英語間違えて、別室で調書取られた経験してます(^_^;)

そんなこんなで、学校から紹介してもらった英国人ホストファミリーともうまく行かず、色々悩み、新しい住処を探した時に
出会ったのが
ナイジェリアから移民してきてアアロンご夫妻。

そこにお世話になったことも、今の私を作りドテラと出会わせてもらったように感じます。

全くお金がなかった私に、
ご飯を食べさせてくれたり
色々教えてくれました。
二人とも病院勤務でありながら
私が風邪をひいたりすると
ハーブティーを飲みなさい。と、ジンジャーレモンティーを作ってくれたり、キッチンにはいつもラベンダーオイルがあったり。

一番覚えているのは、
🔹高いところ目指すなら低いところから
スタートしなさい。

日系の新聞などでどこかで事務ができないかな?と色々
エントリーしても落ちてばかりで、そんな私に
「高いところは少しづつ。今は、マクドナルドとか
ファーストフードで働いて力をつけていきなさい。
プライドはダメだよ」

🔹豊かになったら寄付、チャリティ

アアロンは、私の記憶では
サンダルと身の回りのものだけで
イギリスに入国し
空港の掃除夫からスタートし、私がお世話になった頃には
家も車もあり仕事も病院で検査技師をして、
かつ、自宅でチャリティパーティを開き国に学校を立てる活動をしていました。

チャリティパーティの時、すごい人数が
家のリビングで民族衣装きて踊っていたなぁ。

あれから15年。

私自身が、ずっと病気になり、
また仕事がありがたいくらいに忙しくもさせてもらい

家庭環境の変化などで
イギリスには15年行けていませんでした。

JAPANコンベンションで、
来年、ヒーリングハンズトリップに
ケニア‼️
でたときに
人ごととは、とても思えませんでした。

でも、私が大好きな
ティーツリーやゼラニウムを使っていることが
現地の方の生活を助けている・・・
ティーツリーやゼラニウムは、皮膚炎やアトピーには
かなりマストなオイルです。

そのオイルたちのおかげで、私はここまで回復しました。

全部、循環している・・・

ーー
そんな思い出や
アフリカの乾いた大地
ケニア産の
オイルをいれて作ったブレンドです。